身軽な旅テク

ミニマリストが教える!ホテルでの洗濯術/服の乾かし方・干し方

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。モノだけでなく会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

私は一週間の海外旅行でもリュックひとつで旅をしています。最低限の下着と着替えを持っていき、旅先でお洗濯をすれば、身軽で清潔に旅をすることができます。

本日はミニマリストの身軽旅に欠かせない「旅先での手洗い方法」についてご紹介します。

ホテルでの洗濯方法

洗剤は持っていくのですか?という質問もたくさん頂いたのですが、持っていきません!なくても大丈夫です。

お湯をためる

まずは洗面台に栓をしてぬるま湯を貯めます。そこに洗濯物をひたします。

手で洗う

ぬるま湯ですすぐだけでも十分ですが、汚れが気になる時はハンドソープやシャンプーなどを洗剤がわりにします。

私は脇の下など汗をたくさんかく所のみ、ハンドソープをつけて優しく揉みます。

すすぐ

お湯を抜いてまた貯めながら、すすぎは2回ほどします。

手で絞る

雑巾絞りスタイルでギュッと絞ります。

タオルで脱水する

手で絞っただけだとなかなか乾かず、生乾き臭発生の原因になります。脱水にはホテルで使ったバスタオルが使えます!

バスタオルを床の上に広げます。

その上に手で絞った洗濯物を全て並べます。

そのままタオルを半分に折ります。

そのまた半分に折り込みます。

さらに半分に折って、そのまま足で10回くらいふみふみします。

体重が加わることで、バスタオルに水分が移ります。これがかなりの脱水になります。

乾かす

衣類はハンガーにかけて乾かします。

靴下やパンツはスーツケース置きラックなど、適当なところにかけて干します。

タオルで脱水することで、ハンガーにかけた時にボタボタ水が垂れることもなくなるし、薄手のモノなら翌朝には大体乾いています。時間にしたら6時間くらいかな。

お部屋でのお洗濯は、とても乾燥したホテルでは加湿にもなるのでオススメです。

旅先でのお洗濯に道具は必要なし

というわけで、ホテルでのお洗濯には洗剤も物干しグッズも不要です。

以前は物干しロープを持参していました。

この物干しロープはねじれていて、この隙間に靴下などを挟んで干すことができます。

こんな風にお部屋のどこかに引っ掛けて、洗濯物を干していました。

が、別になくても困りません(笑)あったら便利ですが、なくても大丈夫。

お洗濯は適当でよい

そしてお洗濯はきっちり毎日しなくてもOK!冬なんてそんなに汗をかかないし、ゆる〜い感じでやっています。お風呂あがりに家族みんなで手洗いして、1枚のタオルで一気にふみふみしちゃえば、そんなに手間ではない気がします。一度慣れたら苦ではなくなるし、なにより帰国後の洗濯物が少なくて済むので荷ほどきがめちゃんこラク!イメージ湧きましたかね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました