スマホ活用

【ミニマリストのスマホ】iPhoneホーム画面は1ページ/アプリの整理方法は?

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。夫婦二人で海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。2020年は会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

今日はスマホのホーム画面についてです。
毎日使うスマホこそ、きちんと整理してサクサク操作したいですよね。スマホ画面を見るだけで、その人のおうちがどれだけ片付いているのかがわかります(笑)

不要なアプリはどんどんアンインストールし、必要なアプリだけを適切な位置に配置しましょう!

ミニマリストのスマホ画面

あやじまのスマホ(iPhone)のホーム画面がこちらです。

設定

なにかと触る機会の多い設定。仕事柄、取材の時によく出す画面でもあるので、ホーム画面に単独で残しています。

Googleカレンダー

予定は全てGoogleカレンダーに集約しています。リマインダーも使うことが増えているので、マストなアプリ。

Googleマップ

Googleマップは地図機能として使うのはもちろん、お店のお気に入りリスト更新、乗換案内、経路検索のGoogleカレンダー連携など、用途が多岐にわたります。

日常生活や旅先でも欠かせないアプリ!

乗換案内はもっとラクになる!Googleマップ活用法

編集フォルダ

SNSへ載せる写真を加工するアプリ、Googleフォト、動画編集アプリなど。

・改行くん
・Phonto
・Photoshop Mix
・モザイク
・リサイズメール
・レイアウト
・PicsArt
・Googleフォト
・iMovie

その他フォルダ

電話やAPPストア、家電の操作、スマホの料金確認などあまり使わないものをまとめています。

・Rakuten Link(無料電話)
・電話
・App Store
・Evernote
・Google Home
・ウイルスバスター
・ファイル
・ルナルナ
・bitwarden など

【Nature Remo】Google Homeで家電を音声操作する方法
パスワード管理アプリ「1Password」「bitwarden」比較/どっちが安全?
1Passwordとbitwardenの違い(セキュリティ面、パソコン環境での使用比較など)、パスワードデータ移行の比較などをまとめています。

買い物と食フォルダ

お買い物に使うアプリと食に関するアプリは、使用頻度は高いのですが数が少ないので、ひとまとめにしています。

・楽天市場
・メルカリ
・ラクマ
・ジモティ
・ウーバー
・食べログ

エンタメフォルダ

動画サービス、音楽、テレビ番組表、楽天マガジンなど。

・Spotify
・Nitflix
・Video&TVsideview
・Youtube
・Voicy
・Voicy Recorder(収録専用)
・楽天Kobo
・楽天マガジン など

楽天マガジンが進化!メリット・デメリット/読めないページがある理由/ガイドブックも豊富

SNSフォルダ

Twitter、チャットアプリ、名刺管理アプリなど人と繋がるものを。

・楽天ROOM
・Twitter
・Messenger
・Chatwork
・Pinterest
・Eight
・SMS

紙の名刺は即捨て!名刺管理アプリ「Eight」を使いこなそう
楽天ROOM(ルーム)の使い方・稼ぐ仕組みを伝授!2020年最新版(初級編)

お金フォルダ

家計簿、クレジットカード、銀行、コード決済のアプリなど。

・Suica
・MoneyForward
・楽天ペイ
・PayPay
・楽天銀行
・三井住友銀行
・MyJCB
・楽天カード など

【ミニマリストの家計管理】家計簿はアプリ「マネーフォワードME」で自動化がおすすめ

Instagram

メインの発信ツールであるInstagramは仕事道具なので、閲覧頻度は高め。

メール

GmailとYahoo!メールを使い分けているので、両方が表示されるようにしています。

Nature Remo

家電のリモコンアプリ「Nature Remo」は使用頻度が高いので、タップしやすいように右下に配置しています。

【Nature Remo】リビングから家電のリモコンをなくす方法

カメラ

親指タップエリアの左端はカメラ。
ブログやSNSにあげる写真撮影を毎日のように行っているので、スワイプしても表示されるこのエリアに。

写真

撮影した写真の確認やちょっとした加工は「写真」アプリから行います。

safari

ブラウザの利用頻度も高いのでこの位置。

LINE

連絡手段として最も利用頻度が高いLINEは、一番タップしやすいように右下に。

スマホアプリの整理手順

私のホーム画面は、必要なアプリだけが1ページに収まっています。
4ページも5ページもある横に長いホーム画面にしていると、アプリを探すのに時間がかかるし、アプリの位置を変える時も操作が面倒です。
横にスワイプしなくても、この1ページだけで全てが把握できると、ほぼすべてのアプリが見える化されるので、アプリを探すことがなくなります。

1ページ収めることはしなくても、ホーム画面の片付けを行うと、操作効率もあがり、とても使いやすいスマホに変わります!

整理収納アドバイザーでもあるあやじまの「スマホ画面の整理手順」をご紹介します。

不要なアプリを捨てる

整理収納の基本はモノの量を見直すことから始まります。
使っていないアプリはどんどん消しましょう。「カメラ」や「設定」などの標準アプリは消せないようになっているので、デフォルトで入っているアプリ含め、触っていないものはどんどん消してOKです。

使用頻度ごとに配置する

アプリは使う頻度によって配置を変えると、グンと使いやすくなります。

使用頻度:高

アプリの中で一番使用頻度が高いものは「親指タップエリア」に配置します。
スワイプしてもずっと固定されるので、一番使うアプリを厳選しましょう。

私の場合、最も使用頻度が高い4アプリは、以前は「電話」アプリが入っていましたが、今は「カメラ」や「写真」アプリなどが入っています。

使用頻度:中~低

残ったアプリを使用頻度が高いモノから順に、ホーム画面に並べていきます。目安は3列分くらいまででOK。

4列目以下のアプリは同じカテゴリ同士をフォルダにまとめましょう。

赤枠:お金フォルダを作ってまとめる
青枠:ポイントカードフォルダを作ってまとめる

私は下記のようなフォルダを作っています。

・買い物と食フォルダ
・お金フォルダ
・編集フォルダ
・エンタメフォルダ
・SNSフォルダ
・その他フォルダ

最後に使用頻度中~低のアプリやフォルダをタップしやすい位置に配置しなおします。
私はこのように配置しています。

頻度中(赤):タップしやすい右下に配置(視覚的にもう3つは左上に配置)
頻度低(青):カテゴリに分けて中段にフォルダで配置
頻度高(黄色):親指タップエリア

はじめは慣れないので使いにくく感じるかもしれませんが、慣れれば操作効率は各段に上がります

使うシーンごとにまとまっていると、作業効率も良いです。
例えば「買い物フォルダ」なら、色々なサイトで価格を比較する時に同時に開くことが多いので、ひとつのフォルダにまとめておくと操作の時短に繋がります。

ウィジェットも活用しよう

ホーム画面が整理できたら、次はウィジェットも活用してみましょう!

ウィジェットとは、アプリを立ち上げなくてもホーム画面上で、ひと目で情報を得られる便利な短縮機能

iPhoneの場合は、ホーム画面の左隣がウィジェット画面です。ホーム画面を左から右へスワイプすると出てきます。
Androidの場合は、ホーム画面の一部がウィジェットになっています。

私が設定しているウィジェットは過去記事で詳しくご紹介しています。

【ミニマリストのスマホ】iPhoneのウィジェットは天気・メルカリ・Nature Remo
「ミニマリスト スマホの中を片付ける」の著者・あやじまのスマホ画面を公開!少数精鋭のアプリや、ウィジェット機能の活用ワザ、アプリの整理の仕方が分かります。
ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメント

タイトルとURLをコピーしました