スマホ活用

【ミニマリストのスマホ】iPhoneホーム画面は1ページで全アプリを見える化

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。夫婦二人で海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。2020年は会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

今日はスマホのホーム画面についてです。毎日使うスマホこそ、きちんと整理してサクサク操作したいですよね。スマホ画面を見るだけで、その人のおうちがどれだけ片付いているのかがわかります(笑)

不要なアプリはどんどんアンインストールし、必要なアプリだけを適切な位置に配置しましょう!

整理収納アドバイザーでもある私のスマホ(iPhone)のホーム画面がこちらです。

ミニマリストのスマホホーム画面

スマホアプリの整理手順

不要なアプリを捨てる

整理収納の基本はモノの量を見直すことから始まります。使っていないアプリはどんどん消しましょう。「カメラ」や「設定」などの標準アプリは消せないようになっているので、デフォルトで入っているアプリ含め、触っていないものはどんどん消してOKです。

1ページにおさめる

アプリは1ページに収めるのがマイルールです!4ページも5ページもある横に長いホーム画面にしていると、アプリを探すのに時間がかかるし、スワイプばかりして目がまわります(笑)アプリの位置を変える時も操作が面倒です。

横にスワイプしなくても、この1ページだけで全てが把握できると、ほぼすべてのアプリが見える化されるので、アプリを探すことがなくなります。次のステップを読みながら、1ページにおさめることを意識してみましょう!

使用頻度ごとに並べる

アプリを1ページにおさめるには、使用頻度の低いアプリはフォルダ管理にする必要があります。逆に、使用頻度が高いものはタップしやすい位置に配置すべきです。

例えば私の場合は、下記のような配置にしています。

頻度高(黄色):親指でタップしやすい一番下4つに配置
頻度中(赤):上段に配置
頻度低(青):カテゴリに分けて中段にフォルダで配置

私の場合、最も使用頻度が高い4アプリ(黄色)は、以前は「電話」アプリが入っていましたが、今は「カメラ」アプリなどが入っています。

フォルダ管理する

使用頻度が低いアプリはフォルダ分けをするのがおすすめです。私は下記のようにグルーピングしています。

お買い物フォルダ
楽天市場、楽天ROOM、メルカリなど。
お金フォルダ
家計簿、クレジットカード、銀行、コード決済のアプリなど。
写真フォルダ
GoogleフォトやSNSへ載せる写真を加工するアプリなど。
エンタメフォルダ
動画サービス、音楽、テレビ番組表、楽天マガジンなど。
ポイントカードフォルダ
ポイントカードアプリや診察券、お薬手帳など。
食べ物フォルダ
宅配、グルメの口コミ情報など.
旅行フォルダ
海外用SIMのデータ管理アプリや、翻訳、フライト、配車予約アプリなど。
SNSフォルダ
チャットワークやフェイスブック、名刺管理アプリなど人と繋がるものを。
その他フォルダ
家電の操作、スマホの料金確認などあまり使わないものをまとめています。

このように同じ仲間をみつけて、フォルダにまとめてみましょう。はじめは慣れないので使いにくく感じるかもしれませんが、慣れれば操作効率は各段に上がります

使うシーンごとにまとまっていると、作業効率も良いです。例えば「旅行フォルダ」なら、海外旅行先で使うものをひとつのフォルダにまとめておくことで、現地でもサクっとアプリが開けます。

ウィジェットも活用しよう

ホーム画面が整理できたら、次はウィジェットも活用してみましょう!ウィジェットとは、アプリを立ち上げなくてもホーム画面上で、ひと目で情報を得られる便利な短縮機能です。
iPhoneの場合は、ホーム画面の左隣がウィジェット画面です。ホーム画面を左から右へスワイプすると出てきます。
Androidの場合は、ホーム画面の一部がウィジェットになっています。

ウィジェットは情報取得や操作の時短になるため、どんな人でも取り入れてほしい機能です!私が設定しているウィジェットはこちらご紹介しています。

驚かれたミニマリストのスマホ画面(ウィジェット活用編)
ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメント

タイトルとURLをコピーしました