ミニマリスト夫との暮らし

【ご報告】ミニマリスト、会社員生活を手放しました!

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。夫婦二人で海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。2020年は会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

いきなりですがわたくし、「会社員生活」を手放しました。

アメリカで必要最低限のモノで暮らすミニマルライフを経て、身軽に暮らすことの心地よさを知り、帰国後に家中のモノと徹底的に向き合ってきました。

モノを手放し切ると、次はスマホを使ってお金の流れ(家計管理)や日々抱えている情報の整理をしていきました。
その過程をブログやInstagramで発信し、2019年4月に初書籍を出版!タイトルは「スマホひとつで暮らしたい

この書籍を出した頃から、漠然と次のステップについて考えていました。
それが【仕事を手放す】ことでした。家中のモノやお金や情報、人間関係などを手放し整えることで日々の暮らしは格段に心地良くなったけれど、自分にとって不必要なモノやコトは本当にもうないのか?
そんな自問自答の中で必ず湧き上がってくるのが【会社員としての自分】でした。

朝の満員電車や不毛な資料作成、納得いかない仕事も、時には無心でまわすことが求められる組織の歯車としての自分。

わたしの理想は不必要なコトは手放して好きなコトだけに囲まれる生き方なのに!

いやいや会社員生活は別でしょ。収入の基盤を手放してどうやって稼ぐつもりなの?

そうだよね〜やっぱり仕事は続けるか〜

いや、でもわたしの理想は〜…

もうこのエンドレス・リピート!

このリピートが3周ぐらいした頃から、自分の中だけでは答えは出せないと思い、色んな方の本を読んだり、YouTubeを見るようになりました。

そんな中でも両学長のYouTubeはほぼ毎日みてる!

これが本当に良かった!

「会社で働く事が一番の安定だ」と思っていた自分にとって、全く異なる考え方に触れる機会となり、今までの自分の固定概念は崩されていきました。

そこからは会社は毎日定時退社し、残った時間で副業を本格化したり、ムダな保険の解約などで支出を減らして行きました。会社員を手放すという目標のために、とにかく粛々と行動していったのです。

そしてついに2020年になったタイミングである程度兆しが見えてきたため、退職の意志を伝えることが出来ました。

いや〜悩んでいる期間が長かっただけにスッキリ爽快!今ならどこまででも羽ばたけそうな気持ち(笑)

というわけで今月からはフリーランスとして、さらに身軽で自由な私の生き方についても発信して行けたらと思います。

大失敗もどんとこい!

とにかく走ってみまーす。以上、ご報告でした!

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメント

タイトルとURLをコピーしました