子育て

生後4,5,6ヶ月のベビー服/赤ちゃんの服装って難しい!秋冬編

この記事を書いた人
あやじま

ミニマリスト・整理収納アドバイザー。「スマホひとつで暮らしたい」などの著者。海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

本日はちびじまちゃんが生後4~6ヶ月までに持っていたお洋服をご紹介します。
赤ちゃんのお洋服って扱いが難しくないですか?何を着せれば赤ちゃんにとって適温なのか、どのアイテムを組み合わせるのが正しいのか、そもそもアイテムの呼び方がお店によって違って混乱したり…。新米ママにとって小さな悩みの種になるのでは?と思います。
同じ時期に同じ月齢の赤ちゃんを持つ方の参考になるかも?と思い、残してみます。生後4ヶ月→11月、5ヶ月→12月、6ヶ月→1月なので、ちょうど秋冬の服装になります。

生後4~6ヶ月のベビー服

ボディースーツ(肌着)3枚

H&Mのラップボディスーツが3枚。

出典:H&Mオンラインストア

まだお座りもしないので、かぶりタイプではなく前がボタンになっているラップタイプにしていました。秋~冬だったので長袖をチョイス。コットンでやや肉厚なので、7ヶ月の現在(2月)も現役です。
結果、のちほど紹介する上下セットを含めると、肌着(ボディースーツ)は合計5枚でまわりました。

長ズボン2枚

ボディースーツに合わせていた裏毛の長ズボン(←て久しぶりに言ったw)。

おむつのサイズを吟味することで、うんち漏れはほぼなくなった生後4ヶ月以降。次に紹介する上下セットと合わせて長ズボンは合計4枚。この数でぜんぜん足りました!

上下セット2組

H&Mのアジャスタブルフィットセットは、一番重宝したベビー服です。これ、本当におすすめ!

ボディースーツ、長ズボン、帽子の3点セットです。

サイズ74で購入して、生後3ヶ月~7ヶ月の現在も着ています。手足の長さ調整ができるので、なが~く着られるアイテム。お部屋の中での肌着としても着られるし、帽子がセットになっているので、このままお出かけ着にもなります。高頻度で乾燥機までかけてもヘタりません!

詳しくは過去記事で書いています。

H&Mベビー服がかわいい!古着回収クーポン&ネット通販がおすすめ

ロンパース1枚

本格的に寒い季節になり始めて買い足したキルトのロンパース。

ボディースーツ+長ズボン(もしくは上下セット)の上にこのロンパースを着せて、お出かけしていました。ベビーカーにはフットマフをつけているので、東京の秋~初冬なら服装としてはこれで十分。なんだかんだ買い足すこともせず1枚で足りちゃいました。

シンプルなロンパースを探しまくったけどなかったな~。ココで買いました↓

パジャマ2枚

夜寝るときは、ボディースーツ+長ズボン(もしくは上下セット)の上にフリースのパジャマを着せていました。

足元からジップで一気に前を閉められるので、お着替えがとっても簡単。フリースだと生地が薄いので、大きいサイズで購入しても裾を折って着せられるので、長い間着られます。パジャマだけど、このままお外に出ちゃうこともあり(笑)
でも、睡眠環境によってはフリースは暑いかもなので注意!

靴下3組

靴下は3組セットで購入しましたが、一番使わなかったかも。体温調節のためにお部屋の中では履かないので、外出時の移動中のみ使用。小さくてカワイイよね♡

一時期、長ズボン+靴下の代わりにタイツを履かせていましたが、室内に入った時に暑そうだったのでやめました~。

生後3ヶ月までに着ていた服は?

産まれてすぐ~生後3ヶ月までに着ていたベビー服は手放しました。
高頻度で着せることでしっかりボロボロになってくれるので、お下がりにまわそうかな~とか、譲ろうかな~という思考に時間を使わなくて済みます。産後は気力・体力ともにギリギリの状態。必要なものを必要な時に、必要な分だけ持って使い果たすことで、管理する手間はグンと減るんですよね~。

子持ちミニマリスト/新生児~3ヶ月までのベビー服の枚数は?

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

タイトルとURLをコピーしました