お風呂場収納

ミニマリストのお風呂場はカビ・ピンク汚れゼロ

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。夫婦二人で海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。2020年は会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

先日、マンションの3年点検がありました。その時にお褒め頂いたのが我が家のお風呂場です。
「カビやピンク汚れゼロ」の称号を頂きました〜!

というわけで本日は、ミニマリストのお風呂場の置いているモノとお掃除ルーティンをご紹介いたします。

モノは必要最低限

すぐに発生しがちなピンク汚れ、その原因は湿気や石鹸カスなんだそうです。
バスチェアの内側や排水溝など風通しが悪いところに出やすいのと、一か所に発生するとどんどん広がるので、我が家のお風呂場のモノはたったコレだけです。

シャンプー・掃除グッズは空中収納

お風呂場のモノは全てバーの上に立てかけています。空中収納です。

シャンプーは使ったらボトルを濯いで戻します。設置面積が少ないとぬめりがつきにくくなります。

石鹸は泡立てネットに入れて、バーに吊り下げています。

無印良品の泡立てネットで石鹸ホルダーやボディーソープは不要!

バスタブ用のスポンジや水切りスキージーなどの掃除用具も全てここにかけています。

我が家のお風呂場グッズはこちら

洗顔などは夫婦兼用

シャンプー・トリートメント、洗顔、石鹸は夫婦兼用です。
人によって別々のモノを持つとモノが増えるので、すべて兼用!

イスや桶も置かない

イスも桶もたらいもありません。頭や身体を洗うときは、床に直接座ってしまいます。

バスチェアの内側がカビだらけのおうちが多いのでは…?

備え付け備品も撤去

壁についていた収納トレイは3箇所全て取り外しています。

排水溝の受け皿も取り外し、ダイソーの「くるっとキャッチ」を設置。

フタもとっぱらったままです。汚れが見えるので、こまめに掃除することでいつも清潔に保てます。

ついで掃除ルーティーン

蛇口

泡立てネットで身体を洗ったあとは

ついでに蛇口をサササーと洗います。
蛇口は毎日洗っていれば水垢ゼロです!

壁・床・鏡

お風呂から出るときは、シャワーで身体を流したついでに壁・床・鏡などをサササーと流します。

泡や髪の毛が流れるまで見届けながら・・・。

水切りスキージーを手に持ったら、

ついでに鏡などや壁の水をきりますwこれだけで鏡はずっとピカピカです。

排水溝

最後に窓を開け、

お風呂から出るついでに、くるっとキャッチがキャッチした髪の毛を
脱衣所のゴミ箱へ捨てたら終了!
お湯をためる前は、浴槽を洗うついでに、くるっとキャッチの裏側と排水溝にバスタブ洗剤をシュッ!
ここが1番ピンクカビの出やすい要注意エリアです。

このような感じで「ついで掃除」の一連の動きをルーティーン化するだけです!

オキシ漬け

特別な掃除は半年に1回、お風呂のオキシ漬けをするくらいです。
くるっとキャッチをとり、ダイソーのシリコンラップで止水!

オキシクリーンをばら撒いて、濡らしたブラシで擦ったら、60℃のお湯で床をひたひたに浸けます。4時間放置して流したら終わり!
ちなみにシリコンラップ蓋はここにいます。

S字フックにかけられて便利です。

1日の疲れを癒すお風呂はシンプルで綺麗がいい!

ご紹介したお風呂場のグッズはこちらにまとめています。

我が家のお風呂場グッズはこちら

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメント

タイトルとURLをコピーしました