お風呂場収納

無印良品の泡立てネットで石鹸ホルダーやボディーソープは不要!

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。夫婦二人で海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。2020年は会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

著書「スマホひとつで暮らしたい」でご紹介していますが、バスルームの石鹸は無印良品の泡だてネットの中にぶら下げています。

そのまま入れても石鹸が落ちることはありませんが、片方を糸で縫うと、より泡立ちが良くなります!
花王の石鹸(バスサイズ)が余裕で入ります。
泡立てネットを石鹸ホルダーにすることでメリットがたくさんあります。
✔︎石鹸置きや石鹸ホルダーがいらない
✔︎石鹸が小さくなっても困らない
✔︎そのままネットで身体を洗える(ナイロンタオルが不要になる)
✔︎洗顔の泡だてネットにも使える
✔︎石鹸カスがつかない
✔︎お風呂のモノが減る

お風呂場の水垢対策の画像

「石鹸が溶けませんか?」というご質問を頂きますが、石鹸をネットにしまう時にネットだけをぶんぶん振って、水をよーく切れば大丈夫です!
顔を洗う時は、石鹸は床に置いて、洗顔料を泡立てネットで泡立てています。
身体を洗う時は、石鹸と泡立てネットで泡立て、石鹸は床に置いて身体を洗っています。
家族みんな、身体も顔もこのネットだけで洗えば、お風呂場のモノは最小限ですみます。

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメント

タイトルとURLをコピーしました