ミニマリスト夫との暮らし

夫婦でミニマリストのメリット

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。モノだけでなく会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする
本を出版してから取材の依頼がよく入るようになりました。ありがたい。
そんな取材中に必ず聞かれることがあります。
「ミニマリストになって暮らしはどう変わりましたか?どんなメリットがありましたか?」

私自身が感じた変化はこのブログや著書「スマホひとつで暮らしたい」でたくさんお話ししているので、今日は「夫婦でミニマリスト」のメリットについて書いてみたいと思います。

加速度的にモノが減る

家中の不要なモノは手放すという共通認識があので(=断捨離に抵抗する人がいないので)モノがどんどん減ります。
2人とも家中のモノに対して常にアンテナを張っているので、相手が使っていないモノを見つけると「それいる?」というツッコミが生まれ、「あ、いらないね。」と気付きが生まれ、モノがまた減っていきます(笑)

モノが増えない

家中のモノを減らし続けていても、新たにモノを持ち込まない・買わないという意識を継続させなければ、あっという間にモノは増えていきます。
新たにモノを買う時にはお互いの存在が良いストッパーになっていて、一回一回の買い物がとても慎重になります。
また、出来るだけ夫婦兼用できるモノを選ぶことでよりモノは増えることなく、一つ一つの稼働率も上がります。

ミニマリスト夫婦/ものを減らして男女兼用アイテムを増やそう

時間に追われない

モノがないので片付けの時間を捻出する必要がないし、不要な人間関係も手放したことで「付き合い」に時間を費やさなくなり、自分達が好きなことをする時間がたくさんたくさん増えました。
ムダな残業もしなくなったので、夜ご飯を2人で食べることも増えました。

お金が貯まり不安が減る

お金を使う機会が減ったので、無駄遣い(浪費)がグンと減りました。
そして家の中や頭の中がスッキリし出すと、より心地よい暮らしを求めて、夫婦でお金の話をたくさんするようになりました。シンプルなガラス張りの家計管理でお互いの収支は常に把握できるようにし、自動的にお金が貯まる仕組みを作りました。

【ミニマリストの家計管理】家計簿はアプリ「マネーフォワードME」で自動化がおすすめ

貯めることさえ出来ていれば、お金を使う時は気持ちよく使うことができるようになります。

お金の不安はどんなに稼いでも恐らく一生消えませんが、お金を貯める・増やす・守るという知識をつけることで不安を減らすことはできます。ミニマリストになって夫婦の金融リテラシーも高まったと実感しています。

価値で買物するようになる

以前の私達はセール時期になると好きなお洋服屋さんへ行き、安くなった服をつい買ってしまう…という行動をよく起こしていました。これは価格が安いから買うのであって、本当にその服が欲しいワケではなく、「安いから買っておこう」という意識が働いていたんです。

ミニマリストになってからは価格に左右されることなく、本当に必要なものかどうかを見極められるようになりました。1万円のコートが3,000円になっていても、必要がなければ買わないという考え方です。

逆に言うと、高いものでも本当に必要で、暮らしを豊かにしてくれると思ったら「買う」という判断を下します。モノを価格ではなく価値で判断すると、セールやポイント還元に踊らされることなく常に自分軸で買い物が出来ます。流行りや常識に捉われない考えが身につくと、身も心も自由になります。

ミニマリストになって私達夫婦の生き方が少しずつ変わってきています。

今後の変化もまたブログで書いていきますね!

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメント

タイトルとURLをコピーしました