ミニマリスト夫との暮らし

ミニマリストは「最小限のモノで暮らす人」ではない!ミニマリストの定義とは?

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。夫婦二人で海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。2020年は会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

新著「ミニマリスト スマホの中を片付ける」の発売日6月24日まであと10日をきりました!私の元にもまだ完成品が届いていないので、ドキドキワクワクしております。発売記念イベントについての打ち合わせも進めているので、ぜひ楽しみにしていてくださいね!

新著「ミニマリスト スマホの中を片付ける」6月24日発売!

さて、今日は新著のタイトルにも入っている「ミニマリスト」という言葉についてです。
みなさんはミニマリストってどんな人のことだと思いますか?

ミニマリストの定義

おそらく「必要最小限のモノだけを持って暮らす人」と答える方が多いのではないでしょうか。わが家のようなソファーとテレビだけがあるリビングで暮らす人を思い浮かべる方もいれば、四畳半に布団も敷かずに暮らす人を思い浮かべる方もいると思います。

中道ミニマリストとして有名な「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」の著者:佐々木典士さんの言葉をお借りすると、「ミニマリストとは、自分の必要なモノの量を自分の価値基準で決めている人」です。

私の定義するミニマリストもまさにそう。他人から見ても最小量で暮らしているかどうかや、とにかく最小量にこだわるのではなく、自分にとって心地よいモノの量で暮らしている人をミニマリストだと思っています。

実は、私の初著「スマホひとつで暮らしたい」のAmazonレビューには「ミニマリストにしては物が多すぎる」というコメントが書かれています。このレビューを書いた方は、もっともっとモノが少ない暮らしをイメージしていたのでしょう。
でも、ミニマリストというのはそもそも、自分が決めたモノの量で暮らす人を指す(と思っている)ので、量が少ない/多いを語る概念ではないのです。

ミニマルとミニマムの違い

ミニマリストは、「最小の」という意味を表すミニマル(minimal)という形容詞から派生してできた単語です。ここで、ミニマルの他にミニマム(minimum)という似た単語があることにも触れておきましょう。

「ミニマル:minimal」と「ミニマム:minimum」という単語にはどんな違いがあるのでしょうか。このふたつを辞書で引いてもあまりピンとくる表現の違いは書かれていません。

英語が得意な友人に聞いてみたところ、このようなニュアンスだそうです。

  • ミニマル:minimal=相対的な最小量
  • ミニマム:minimum=絶対的な最小量

「相対的に少ない」と表現すると「他と比べて少ない」という意味になり、「絶対的に少ない」と表現すると「他と比べようもないほど明らかに少ない」という意味になります。

「スマホひとつで暮らしたい」の中では、このように書いています。

必要最小限の「ミニマム」ではなく、自分が快適だと思った量のもので心地よく暮らす「ミニマル」ライフの魅力に、私は目覚めたのでした。

つまり、何でもかんでもそぎ落とすのがミニマムで、自分の価値観の中で必要なモノを選び、最適な量で暮らすのがミニマルです。私はミニマムは目指しておらず、ミニマルを目指しています。

以上を踏まえると、ミニマリストの印象が少し変わった方も多いのではないでしょうか?

世間のミニマリストのイメージ

ミニマリスト=極端にモノを持たないというイメージが先行し過ぎていて、取材中にインタビュアーの方との認識の違いを感じることがあります。
「ミニマリストなのに服を買うんですね!」「ミニマリストなのに3LDKに住んでいるんですね!」などと驚かれた時には、私が考えているミニマリスト像をお伝えするようにしています。
極端にモノがないミニマリストはビジュアル的にも分かりやすいし、インパクトがあるのでメディアとしては扱いやすいのかもしれませんね。

ミニマリストを目指すなら…

もしミニマリストに憧れていて、目指したいと思っている方がいるとしたら、どれだけモノを減らせたかに意識を向けてしまうと本質からズレてしまうように感じます。

まずは何が必要で何が不要かを自分の価値観で選び抜くこと、そして自分にとっての最適量を把握することが大切です。まわりは関係なく、すべてが自分軸の世界です。

最初は頭を悩ますかもしれませんが、こんなに自分と向き合う機会はそうありません。学校でも教えてくれません。だからこそ、ミニマル思考を身につけたあとには、これまでと全く違う景色が待っているのです。心の豊かさや自由さを感じる瞬間が増えていき、人間関係や仕事に対する考え方にも好影響を及ぼしていきます。

ミニマリストはストイックだな…と思われちゃったかもしれませんが(笑)本日は勘違いされがちなミニマリストの定義についてのお話でした!

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

「ミニマリスト スマホの中を片付ける」が楽天ブックスで売り切れになってしまいました!在庫補充を依頼しておりますので、楽天で購入されたい方は少しお待ちくださいね~

コメント

  1. レーチェル より:

    めちゃくちゃ同感です♡心に響きました^^あやさんが自分軸と世界観を大切に生きてる姿が大好きです♡

    先日教えていただいたオットマンプフ♡ホワイト購入できました^^小さいサイズをかってコロンとリビングで家族化してます^^

    いつも、発信楽しみにしてます♡

    • あやじま ayajima より:

      ありがとうございます^^
      そう言って頂けると、とても勇気をもらいます。あったまりました〜。
      プフも仲間入りできて良かったです〜。可愛がってあげてください!

  2. みき より:

    「ミニマリスト」というと、その単語からは「ミニマムな生活をする人」なのか「ミニマルな生活をする人」なのかわからないんだと思います。どちらも「ミニマリスト」ですから…゚(゚`ω´ ゚)゚

    • あやじま ayajima より:

      ミニマムとミニマルの2種類存在するということが、あまり知られていない気がします^^
      私もこのような暮らしをするまで知らなかったです〜。

    • ねこ より:

      横からすみませんが、みきさん。
      ‘ミニマム(minimum)なひと’というなら、そんな言葉はありませんが’minimumist’でしょう。。。
      istが人を表すので’minimalist’は文字どおり’ミニマル(minimal)なひと’です。ミニマムと同じではありませんよ。

  3. えみみ より:

    ミニマル!同感です!
    がらーーーんとした部屋でポツンと段ボール、みたいな味気ない部屋は嫌だけど、家の中が1軍
    (ちょっぴり2軍も)ばかりで成り立っていると毎日が楽しく過ごせると思います。いまは5軍まで家の中にいてごちゃついていますが、あやじまさんのブログを読み、勝手に弟子入りして、ミニマルライフを手に入れます☆
    先日のブログの黒いサンダル買っちゃいました。かわいい!そして履いてなかった靴を5足ほど手離しました。

    • あやじま ayajima より:

      コメントありがとうございます。
      ミニマルライフ、どうぞ手に入れてください^^
      サンダル購入されたんですね!お気‭入りを手に入れて、不要なものが手放せるとクローゼットの新陳代謝が促されるイメージですよね★

  4. heiro20 より:

    初めてのコメントです。
    定義を考えるのは難しいものですがこのブログを読んで理解ができました!
    確かに自分にとって心地の良いものと一緒に暮らしたほうが幸せですよね。
    私はayajimaさんの依頼のハンガー掛けを実践しました^_^
    不要なものを捨てることができて必要なものがすぐに取り出せるようにもなり、かなりスッキリしました!
    快適です^_^

    • あやじま ayajima より:

      コメントありがとうございます。嬉しい。
      ハンガー収納実践してくださっているんですね~。モノが手放すだけでこんなに快適になるなんて、なにかキッカケがなければ気付かないですよね(^^)

タイトルとURLをコピーしました