スマホ活用

ミニマリストがおすすめする!安い・軽い・薄型・大容量モバイルバッテリー

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。モノだけでなく会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

先日の海外旅行でも大活躍したモバイルバッテリー。4年以上前から使用していたため電池の減りが早くなってきていました。そこで思い切って買い替え!
本日はミニマリストおすすめ軽くて高性能なスマホ充電器についてです。

2019年8月現在モバイルバッテリーはものすごい数が販売されていて、楽天で検索するとヒットする商品はなんと20万件以上!どれがいいのやら全くわかりません…。
色々調べた結果、こういう視点で選ぶといいよ!というポイントをご紹介します。

モバイルバッテリーを選ぶ基準

バッテリー容量

一番大切なのはどれだけの充電が行えるのかを示すmAh(ミリアンペア・アワー)。細かいことを語ればキリがないので結論だけお伝えすると、スマホの充電であれば10000mAhあればOK!
※タブレットやPCとの2台同時充電する方は20000mAh以上必要です。

ここ最近で販売されているスマホの機種と、バッテリー容量は下記の通りです。

iPhone Xs:2,658mAh
iPhone 11:3,110mAh
iPhone SE:1,821mAh
Xperia XZ3:3,200mAh
Xperia 1 II:4,000mAh
Galaxy S9:3,000mAh
Galaxy S20:4,000mAh
AQUOS R2:3,130mAh
出典:【2021年3月版】モバイルバッテリーのおすすめ10選!失敗しない選び方を解説!

つまり、iPhoneXSは10000mAhのモバイルバッテリーで約3回分の充電ができます。

20000mAhなどの大容量のものはその分価格と本体の重さが加わるので、1回の充電で使用したい回数から決めると良いと思います。

充電の速さ

次にA(アンペア)で表記される電流の大きさです。出力は一般的に2A以上がおすすめです。

ケーブルの有無・端子

外出先で充電する場合はスマホに合った端子のケーブルが必要です。ケーブル別のモバイルバッテリーもたくさん出ているので注意!私のおすすめはケーブル内蔵モデルです。

端子の種類は持っているスマホによりますが、iPhone用のLightning端子とmicroUSB端子がついているタイプを選ぶと、ワイヤレスイヤフォンなども同時に充電できます。スマホ以外に充電したいアイテムについても考慮すると便利です。

重さ

持ち運びするものだから、とにかく軽いものがいいですよね!

10000mAhでケーブル内蔵型の場合、200g前後が多い印象ですが(ワタシ調べ)かなり重い商品も出ているので、商品ページで重さの確認は必須です。

PSEマークの有無

モバイルバッテリーから発火する事故をニュースで見ることが増えました。
そこで、2019年2月からモバイルバッテリーの「PSEマーク」表示が義務化されました。PSEマークがあるものは電気用品安全法の技術に適合しており、検査基準をクリアした安全性の高い製品です。

必ず丸いPSEマークが入ったものを選びましょう。

ミニマリストが愛用するモバイルバッテリー

さて!そんなこんなで私が選んだモバイルバッテリーがこちら

必要十分なスペック

  • 10000mAh
  • 2A
  • 重さ約170g
  • PSEマークあり
  • 1,980円(税込) 送料無料(2019年8月2日時点)
  • レビュー高評価(4,720件で4.4以上/2019年7月30日時点)

ケーブル内蔵

USB端子に加え、iOS用の端子、microUSB端子が付属しています。

私は、iPhone/Microタイプを選びました。

iPhoneと同時にワイヤレスイヤホンも充電できて、とっても便利です。

重ねて持ちやすい

特に使ってみて良いと思った点は、充電しながらスマホを使うときってこうやって重ねるじゃないですか?このモバイルバッテリーはスマホと同じくらいの大きさで、かつ薄いので重ねて持ちやすいんです。

小さくて分厚い充電器だと、こんな風に重ねて使うことができません。

シンプルなデザイン

肌触りもとっても良くて、真っ白なデザインも気に入りました。モバイルバッテリーってゴツくて、可愛いデザインのものが意外に少ないんですよね。

充電する時の注意点

モバイルバッテリー本体を充電する時はもともと持っているiPhoneの充電器から行います。
一応microUSBとUSB端子も付属されています。

が、箱にこんな注意書きがありました。

iPhone純正の充電器はiOS以外の端末を充電されますと、基本的には充電がストップする
もしくは一時的に充電できた場合でも故障の原因となります

我が家のiPhone充電器(純正か不明)は今のところ大丈夫ですが、このあたりは自己責任でお願いします。

Google HomeのmicroUSBで充電も可能です。

国際線での手荷物OK

ちなみにモバイルバッテリーはリチウムイオン電池を使用している場合が多く、飛行機に乗る際預け入れ荷物の中に入れることが出来ません。手荷物にすればOKです。航空会社によって規定は異なりますが20000mAh以下であれば、手荷物で没収されることはないようです。

ちなみに、Qiを使用したワイヤレス充電は充電の速度が遅いため、また夫がワイヤレス対象機種ではないため今回は選びませんでした。

というわけで、ミニマリストがおすすめするモバイルバッテリーについてでした!

ホワイトは汚れやすいので、どちらかというとブラックがおすすめです。

モバイルバッテリーはこちら

旅行や帰省の必需品であるモバイルバッテリー!買うときに重視するポイントをおさえて、自分に合ったものをゲットしましょう。

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメント

タイトルとURLをコピーしました