身軽な旅テク

【リュックで海外1週間】帰国時に液体物や大量のお土産を持ち帰るには?

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。夫婦二人で海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。2020年は会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

私は1週間の海外旅行でもスーツケースを持っていきません。リュックだけを持っていくので、預け入れ荷物を作りません。

そんな発信をしていると、「100ml以上の液体物をお土産で買われた場合はどのようにして持って帰るのですか?」という質問をよくいただきます

手荷物の機内持ち込みには液体物に関する制限があり、100mlを超える液体物は機内に持ち込む事はできません。例えばお土産に250mlのオリーブオイルを買ってしまうと、手荷物として機内に持ち込めないわけです。

これはもう預け入れ荷物にするしかありません!エコバッグに液体物を詰めて、預け入れ荷物にする、が今のところの最適解です。

今回のスペイン旅では、100mlを超える液体物やリュックに入らない量のお土産は買いませんでしたが、今後の参考に「帰国便のみ預け入れ荷物」パターンを試してみたので、その過程をお届けします

さて、今回の旅では夫婦で1つずつのリュックを持って行きました

このどちらかを預け入れ荷物にしても良いのですが、雑に扱われて汚れるのが嫌だったので、現地でエコバッグを調達し、預け入れ荷物として預けることにしました!

それがこちらです

ALE-HOPのエコバッグ(€6)コンパクトでメチャクチャ軽いのに、中にはこんな大きなバッグが入っています

今回買った全お土産をこのエコバッグに入れました

お土産だけだとスカスカなので、洋服なども詰め込んでみました

元々荷物が少ないので手持ちのリュックがスカスカになり、預け入れのエコバッグがパンパンになりました

出国時にカウンターで預け入れ荷物として預けたら任務完了

成田空港までしばしのお別れです

1回の乗り継ぎを経て、成田空港で無事にピックアップすることができました

中身も確認しましたが問題ナシ!

いくつか気をつければエコバッグで預け入れ作戦はかなり使えることがわかりました

▼注意点
・壊れやすいものは入れない
・クッションになるモノを詰める
・濡れたら嫌なものはビニール袋に入れる
・鍵がないので大事なモノは入れない

小さなエコバッグを持っているだけで、帰りのお土産もきちんと持って帰ることができるので、やはりリュックひとつの身軽旅はおすすです!

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメント

タイトルとURLをコピーしました