クローゼット

捨てられない人におすすめ!1年間保存可能なゴミ箱で断捨離

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。モノだけでなく会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

クローゼットをすっきりさせたいのに、なかなか思うようにいかない…そんな経験ありませんか?

断捨離の判断基準に「1年以内に使用したか」がよく挙げられると思います。でも!1年以内に着ていなかった服でも手放せない時ありますよね。とても分かります!

1年間保存可能なゴミ箱

そんな時のために、我が家に導入した「1年間保存可能なゴミ箱」スペース

整理収納アドバイザーの間では「使用頻度6ボックス」と呼ばれています。
ルールはとってもシンプルです。

  1. どうしても手放せないないモノは「1年間保存可能なゴミ箱」に置く
  2. 1年間本当に使わなかったら、1年後手放す

使用頻度を見える化する意味

このゴミ箱を設置する目的は、使用頻度を見える化するためです。

例えばお洋服の場合、手放そうか迷っている服をそのままクローゼットに入れて置くと、本当に着ていないのかがわかりません。着ていないことが実感しにくいのです。

あえて場所を変え、使用頻度を見える化すると、1年後に「やっぱり手放しても大丈夫だな」という気持ちになり、スッキリと手放せます。

わが家の1年間保存可能なゴミ箱はメルカリ出品がすぐに出来るように、梱包に必要なグッズも収納しています。

驚かれた!メルカリのカンタン梱包方法まとめ
あやじま流メルカリ/売れる意外なモノ!出品画像&価格公開中

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメント

タイトルとURLをコピーしました