寝室

マットレスの管理方法/立てかけ方や上げ下げの頻度は?

この記事を書いた人
あやじま

ミニマリスト・整理収納アドバイザー。「スマホひとつで暮らしたい」などの著者。海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

連日お伝えしているミニマリストの寝具シリーズ(笑)
「マットレスの上げ下げはどうやってますかー?」というご質問を頂きました。

ベッドより確実に衛生的に過ごせるマットレスですが、お手入れの仕方を間違えると、ベッド以上にカビだらけになってしまいます。マニフレックス推奨の管理方法にも触れながら、わが家のお手入れについてご紹介しまーす。

寝具の種類(冬)

まず、寝室に敷いてある寝具の種類です。下から敷いてある順番に書きます。

  1. マットレス
  2. 防水シーツ
  3. 毛布
  4. 羽毛布団

冬でも夏でもマットレスは直置きです。すのこやシートなどは敷いていません。マットレスの上も、敷きパッドや防寒用の敷き布団はありません。ものを減らして家事をラクにするためです。

マットレスの立てかけ方

マットレスを立てかける目的は、かいた汗や湿気がマットレス内部を通って床との接地面で行き場を失い、そこで結露やカビが発生するのを防ぐためです。わが家ではこんな風に立てかけています。

掛け布団をどかす

上にかけている毛布と羽毛布団をどかします。たたんでその辺にポイ。

マットレスを半分に折る

そのままシングルサイズの境目を半分にパタンと折ります。

立てかける

境目を持って壁の方に立てかけます。壁との間にすき間が少しできる位置で立てかけています。

防水シーツが上になるように(マットレスの境目が下になるように)たたむと重たいので、このやり方です。マットレスは重さ7kgありますが、こうすれば全然重さは感じません!

今日は右のマットレスを上にして立てかけたら、明日は左のマットレスを上にして立てかけています。

防水シーツが汗や湿気をある程度カットしてくれていると思うので、毎朝シーツまで外して自立させているわけではありません。防水シーツを洗う時に、マットレスを自立させて風通しをしています。

マットレスを立てかける頻度

基本、毎朝このような形で立てかけています。めんどくさい日はカットすることあり(笑)

マニフレックスの推奨は?

フローリングにマットレスを直に敷かれることは推奨しておりません。(中略)フローリングでご使用の際は毎日の立て掛けをお勧めしております。(中略)特に冬場はマットレスと床面との間に溜まった湿気は抜けにくくなりますので、こまめなお手入れが必要です。
引用:【マニフレックス公式】よくある質問

お店のスタッフさんはフリーリング直置きOKと言ってましたけど…!(笑)

つまりまぁ、フローリングの場合は毎日立てかけした方がよく、畳などの場合は2週間に1度立てて風通しをしてくださいね~とのことでした。

その他寝具の洗濯頻度

最後に、その他の寝具のお洗濯の頻度です。

  • マットレスカバー:3~6ヶ月に1回(予定)
  • 防水シーツ:週1~月1
  • 毛布:3ヶ月に1回
  • 羽毛布団:年1回(クリーニング)

頻度に幅ありすぎだろって感じですけど、基本「そろそろやろうかな」と思いたち、晴れていて、気分がそのままのった時のみお洗濯しています。ははは

わが家の寝具まとめ

マットレス

ミニマリストおすすめのマットレス「マニフレックス」を選んだ理由

防水シーツ

本当に漏れない完全防水ボックスシーツ!脱水&乾燥機もOK

毛布

毛布は「伝説の毛布」です。

わが家のはレギュラータイプですが、4層タイプも発売になっています!かなりあったたかそう。

他のお店にはおしゃれなニュアンスカラーが豊富で、毎年すぐに売り切れちゃうシリーズです。今年はまだある…ようです。

マットレスの管理もバランスが大事かな~と思います。完璧なお手入れをすれば衛生状態は比例するけれど、それじゃあ暮らしは大変ですよね(笑)ラクなお手入れ方法や頻度とうまく折り合いをつけていくことで、ストレスも減るのでは?

マットレスにかかっている白いものはスマートリモコンです。エアコンと照明をスマホ操作しています。

寝室のベッドサイド収納/スマートリモコンで温度は自動管理

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

タイトルとURLをコピーしました