寝室収納

【寝室のベッドサイド収納】スマートリモコンで温度は自動管理

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。夫婦二人で海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。2020年は会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

わが家は寝室にも極力モノを置かないようにしています。インテリアグッズを取り入れた方がおしゃれになるし、そんな寝室も大好きなのですが、掃除が手間なので今の気分はシンプルインテリア。

少し前まで枕元に大きなクッションを並べていたのですが、身長がある夫からするとクッションを敷き詰めることで足がベッドから飛び出てしまい不評でした。クッションハラスメントと訴えられてしまったので、つい最近手放しました。確かに真冬は足が出ちゃったら寒いよねぇ、ごめんごめん。

ベッドサイド(枕元)の収納は全て空中収納にしています。ベッド自体に収納がないので、壁につけて浮かせています。左からティッシュ、Nature Remo(照明とエアコンのリモコン)、スマホ充電器を浮かせています。

ティッシュ

ティッシュケースは無印良品のクラフトティシューボックスです。シンプルで丈夫、ティッシュの換えも簡単にできるので、ダイニングテーブル裏や洗面台でも使っています。

【無印良品】テーブル裏の「隠しティッシュ」が進化!
【驚かれた!】朝の支度を最短にするための洗面台収納(前編)

この無印良品のティッシュは、マジックテープで壁に固定しています。ティッシュ本体にはそのままマジックテープの片側を貼っています。壁側はそのままマジックテープを貼ると剥がせなくなるので、マスキングテープの上に貼って、ホチキスで3点止めています。

マジックテープは2cmくらいの長さに切って、2か所貼るくらいで充分固定されます。ティッシュを交換する時は横にスライドさせればいいので、毎回マジックテープをベリッっと剥がすことはありません。

Nature Remo(照明とエアコンのリモコン)

真ん中はNature Remoです。照明とエアコンのリモコンを枕元に置きたくないので、スマートリモコンを導入してリモコンをスマホ管理に切り替えました!

Nature Remoについては過去にリビングに設置した記事を書いています。参考にしてくださいね。

【Nature Remo】リビングから家電のリモコンをなくす方法

スマートリモコンNature Remoを壁にかけたことで、照明とエアコンのリモコンを枕元から完全に撤去することができました!

Nature Remo本体はダイソーのフックで壁にかけています。フックは粘着テープタイプですが、マスキングテープで下貼りしてから貼っています。剥がす時に壁紙を傷つけないためです。

Nature Remoを設置したことで、他にも便利なことがあります。

温度管理が自動化できる

寝室にNature Remoを導入した一番の理由は、温度管理を自動化させるためです。
Nature Remoの「オートメーション」というタブから、「いつ、どうなったら、どの家電を、どう操作させるのか」を設定することができます。

わが家は、毎日夜23:00~朝8:00の間に温度が28℃を超えたら、冷房を28℃、風量1、風はスイングでオンにするという設定にしています。

これで夜中に暑くて目が覚めることや、冷房を入れるためにリモコンを探すという手間が省けます。

私が持っているNature Remo miniは「日時」「位置情報」「温度」でオートメーションの指示が可能ですが、Nature Remo(大きいサイズ)だと加えて「湿度」「照度」「人感センサー」もついています。「湿度が●%以上になったら~」とか「リビングから人がいなくなったら~」という指示が可能になります。

複数台をアプリ1個で管理可能

Nature Remo本体はリビングと寝室に2つ持つことになりました。
複数台あったとしても、アプリ1つの中に何個も登録ができます。「設定」の画面から「新しいデバイスをセットアップする」に進めば追加登録は簡単です。

わかりやすくするために寝室のNature Remoには「Bed room」という名前をつけました。あとはいつも通り、「コントロール」の画面の「新しい家電を追加する」から、照明とエアコンのリモコン登録を行いました。

家族で1アカウントを共有しているので、夫のスマホの中のNature Remoアプリにも勝手に追加されています

6/4~SALEにかかるので、カートに入れておきましょう!
Nature Remo miniはこちら

スマホ充電器

スマホの充電器と言えば、寝ながら充電しようと思ったらコードの先端が床に落ちてしまっていて、再び起き上がってコードを引っ張ってくる、なんてことはありませんか?

スマホの充電器を床に落とさないために、ダイソーの超強力マグネットを壁にくっつけています。このマグネットと充電器の先端が磁力でくっつきます。

壁にテープを貼り、その上に接着剤でマグネットを固定しています。リビングでも同様のやり方で充電ステーションを作っています。

【100均】ダイソーのマグネットを使った充電ステーション

 

寝室の収納のポイントは全てを浮かす空中収納であること!
コード類は床につかない位置、かつ寝たままで手の届く距離に設置しています。掃除機やルンバをかけてもコードを巻き込むことがありません。

また、リモコンが一人ずつのスマホの中にあれば、夜中に睡眠を妨害されることがなくなります。今年の夏はいつもより快適になりそうです。

6/4~SALEにかかるので、カートに入れておきましょう!
Nature Remo miniはこちら

寝室のドアに貼っている「BED ROOM」の剥がせるウォールステッカーはこちら

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメント

  1. nori より:

    充電されている間はスマホはどこに置かれていますか?

    • あやじま ayajima より:

      充電中はマットレスの下の木枠に置いています^^
      あまり頭の近くには置きたくないので枕元は避けていますが、たまに枕元に置いたまま寝ちゃったりしています〜。。

      • nori より:

        ありがとうございます!
        枠があっていいですねー!
        充電したまま壁に浮かせることができたらとおもってるのですが。。

タイトルとURLをコピーしました