スマホ活用

【比較】Nature Remo3/mini2/Remo2/miniの違いは?おすすめは?

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。夫婦二人で海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。2020年は会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

家電のリモコンをスマホ化できる「Nature Remo」。ブログでご紹介して1年が経ち、多くの方から「Nature Remoデビューしましたー!めっちゃ便利!」のお声を頂いています。ありがとうございます^^
そんな中、Nature Remoには多数の後継モデルが発売されていて、「どのモデルを買ったらいいのか分からなくて…」というお声を頂いたので、違いをまとめてみました。

そもそもNature Remoってなんだ?わが家の家電は対応しているの?なにができるか知りたい!という方は過去記事を参照してね。

【Nature Remo】リビングから家電のリモコンをなくす方法

Nature Remo製品の違い

スマートリモコンNature Remoシリーズは過去に4モデル発売されています。それぞれのスペックの違いをまとめると次の通り。

Nature Remo 3
Remo-1W3
Nature Remo mini 2
Remo-2W2
Nature Remo 2
Remo-1W2
Nature Remo mini
Remo-2W1
価格 ¥9,980(税込) ¥6,980(税込) ¥8,980(税込) ¥5,980(税込)
発売時期 2020年8月 2020年12月 2018年12月 2018年7月
対応家電 エアコン、テレビ、照明等の
赤外線リモコン付きの家電
Bluetooth対応機器
(mornin’ plus、Qrio Lockのみ)
エアコン、テレビ、照明等の
赤外線リモコン付きの家電
エアコン、テレビ、照明等の
赤外線リモコン付きの家電
エアコン、テレビ、照明等の
赤外線リモコン付きの家電
オートメーション GPS
タイマー
温度
湿度
照度
人感
GPS
タイマー
温度
GPS
タイマー
温度
湿度
照度
人感
GPS
タイマー
温度
センサー 温度センサー
湿度センサー
照度センサー
人感センサー
温度センサー 温度センサー
湿度センサー
照度センサー
人感センサー
温度センサー
通信 無線LAN
(2.4GHzのみ対応)
赤外線
Bluetooth Low Energy
無線LAN
(2.4GHzのみ対応)
赤外線
Bluetooth Low Energy
(セットアップ時のみ)
無線LAN
(2.4GHzのみ対応)
赤外線
無線LAN
(2.4GHzのみ対応)
赤外線
サイズ 70x70x18mm 58x58x16mm 74x74x17.9mm 58x58x15.6mm
重さ 約40g 約23g 約61g 約29g
付属品 本体
(壁掛け用の穴あり)
電源アダプター
(2mのケーブルと一体型)
本体
(壁掛け用の穴あり)
USBケーブル(1.5m)
本体
USBケーブル(2m)
USB電源プラグ
本体
(壁掛け用の穴あり)
USBケーブル(1.5m)
携帯OS iOS 12.0以降
Android 6.0以降
iOS 12.0以降
Android 6.0以降
iOS 10.0以降
Android 5.0以降
iOS 10.0以降
Android 5.0以降

出典:【Nature Remo公式】Nature Remoを比較する

おすすめのNature Remoはどれ?

わが家には「Nature Remo mini」と「Nature Remo 3」があります。一番古いモデルとハイスペックモデルを両方使ってみた感想も踏まえ、どれがおすすめなのかをご紹介していきます。

結論、今から購入するという方なら「Nature Remo mini 2」か「Nature Remo 3」のどちらか二択になると思います。上記の発売日を見ると、この2モデルが旧モデル(Nature Remo 2/Nature Remo mini)の後継機にあたることがわかります。

Nature Remo mini 2とNature Remo 3の通信には、Bluetooth Low Energyを採用しています。実はこれ、セットアップにかかる時間と手間を大幅に短縮してくれる機能なのです。私も実際に試しましたが、初期設定がかなりラクになっています!
また、赤外線飛距離が旧モデル(Nature Remo mini 2)に比べ約2倍になっており、広い部屋でも設置ができるようなっています。

こんな人にはRemo mini 2がおすすめ!

Nature Remo mini 2は、オートメーションやGPSに湿度・照度・人感がついていないものの、基本の温度ならついています。必要最低限の機能でまずはNature Remoを試してみたい!という方なら「Nature Remo mini 2」がおすすめです。

こんな人にはRemo 3がおすすめ!

一方、色々な機能を使いこなしたい!という方なら「Nature Remo 3」がおすすめです。
Nature Remo 3は家の鍵をスマホで操作できるスマートロック「Qrio Lock」や、カーテンをスマホで操作できるめざましカーテン「mornin’ plus」にも対応しています。

以上、最新モデルを含めたNature Remo製品の違いについてのまとめ記事でした。

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

【Nature Remo】リビングから家電のリモコンをなくす方法
【Nature Remo】テレビのリモコンのボタン追加方法
【Nature Remo】エアコン・照明のリモコンのボタン追加方法
【Nature Remo】Google Homeで家電を音声操作する方法
【ミニマリストのスマホ】iPhoneのウィジェットは天気・メルカリ・Nature Remo
「ミニマリスト スマホの中を片付ける」の著者・あやじまのスマホ画面を公開!少数精鋭のアプリや、ウィジェット機能の活用ワザ、アプリの整理の仕方が分かります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました