手放すヒント・片付け

モノを減らせば収納グッズはいらない!私が買って失敗した収納用品

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。夫婦二人で海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。2020年は会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

先日Twitterでこんなことをつぶやきました。

フォロワーさんが少ないながら、いつもより多めの反応があったので、刺さる要素があったのだと思います。暮らしを快適にしようと思って収納ケースを買い込んでしまう方や便利グッズをすぐに買ってしまう方、これを見てちょっとドキッとしてしまった方はそんな自分を少し見つめ直してみませんか?

収納グッズが不要なワケ

私は整理収納アドバイザーという資格を持ち、収納系の発信も行っているので、「●●を収納するのにおすすめのグッズを教えてほしい!」という類のご相談を頂くことがとても多いです。ご相談頂く方の暮らしがより良くなってほしいので、出来る限りお答えしたいのですが、そのままおすすめの収納グッズだけをお伝えすることはほぼありません。ツイートの内容の通り、モノの量を見直すと、そういった「モノを管理するためのモノ」自体が不要になることが多いからです。

私が手放した収納グッズ

自称ミニマリストの私でも、わざわざ買ったのに不要になってしまった収納グッズがあります(反省~)

衣装ケース

クローゼットに収納力を持たせたかったら、衣装ケースを取り入れるのが一番手っ取り早いですよね。ハンガーラックの下の空間を衣装ケースで埋めてしまえば、より多くの服がしまえるからです。

私のクローゼットにも12個の衣装ケースがありました。がしかし、不要なお洋服を手放すことで、12個全てが不要になりました。結局はいらない服のためにわざわざ衣装ケースを買ってしまっていたということになります。

この衣装ケースは私がミニマリストになるずーっと前に購入したものです。当時の私は、今のような価値観を持ち合わせていなかったので、今思うと「仕方ないか…」とも思いますが、でも、「服の量を見直したら、その衣装ケースはいらなくなるよ」と教えてくれる誰かに出逢っていたら、12個も買わなかったと思います。

衣装ケースの買い方についても反省があります。当時、クローゼットに収納力を持たせることが最優先だったので、このクローゼットに入る衣装ケースの最大個数を割り出して、そのままの数を購入してしまいました。服の量に合わせて収納の大きさを決めるという考えがなかったのです。むしろ、収納は多ければ多いほど良いと思っていたので、これから服が増えても収まるくらいの余裕があった方が良いとすら思っていました。当たり前ですが、衣装ケースが大きければ大きいほど、着ないお洋服はどんどん増えていきます。12個の衣装ケースを買い足したことで、私のクローゼットはさらにカオスになりました。

このあと服を手放すというスキルを身につけ、衣装ケースも手放したことで、この空間はがらりと生まれ変わりました。今の余白たっぷりなクローゼットの方が心地よいことは言うまでもありません。

衣装ケースの手放し方は過去記事を参照してね

【ジモティ活用】メルカリでは利益が出ない無印良品の衣装ケースを30分で断捨離!

アルミハンガー

実は衣装ケースを手放した時、無印良品のハンガーを大量に購入しています。これは過去記事でも書いていますが、服を全てハンガー収納にしようと考えたからです。しかし、このハンガー達も多めに買ってしまい、大失敗しました~!

不要になったハンガー。実はこの倍ありました…。

特にアルミハンガーは100本以上購入し、現在使っているのは40本ほど。これまた、いらない服のためにわざわざハンガーを買ってしまっていたということになります。著書でも「服はハンガーの数しか持たない」とか言っておきながら、ハンガー100本買ってたのかい!って話(笑)不要になったハンガーは実家に寄付しました。

安いものとか小さいものほど「多めに買っておこう」という心理が働くので、余分に買ってしまうんですよね。私も今の境地に至るまで気づけなかったので、これからモノを減らして暮らしを整えたい方は、頭に入れておくと良いと思います。

とはいえ、モノを減らすには時間もかかるし、その過程でモノを管理する収納グッズがないと生活が不便な場合も多いんですよね。そんな時は私のように「多めに買う」はやめ、必要最低限の購入を意識すると良いと思います。衣装ケースのように手放すにもコストや手間がかかるものは、慎重になりすぎるくらいがちょうどいい!

暮らしを快適にすることと、美しい収納を作ることは似ているようで違います。空間に合わせてきっちりシンデレラフィットする収納は見ていて美しいですが、そこに入れるモノが最適量に減らせていなければ、見掛け倒しに過ぎません。

モノがなければ収納グッズはいらない、掃除もカンタン、空間は美しく、頭の中まですっきりです。これは私が毎日実感していることです。SNSで見つけた「収納映え」に飛びつく前に、一度、立ち止まってみては?

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

Twitterのフォローもよろしくどうぞ→★★★

私が服を減らす過程はこの記事に書いています

【ミニマリストのクローゼット】お洋服を減らすために費やした時間とその過程

コメント

タイトルとURLをコピーしました