スマホ活用

スマホ写真データ整理/アルバムとフォルダ違い/画像検索のコツ

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。モノだけでなく会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

本日は、日頃からよくご質問いただく写真整理についてです。Voicyではお話していますが、ブログにもまとめておこうと思います!

スマホの写真管理についてこんなお悩みを持っている方は、ぜひ最後までお読みください。

  • 写真が大量に入っていてぐちゃぐちゃ!
  • 目当ての写真を探すのにいつも時間がかかる!
  • 写真アプリをもっと使いこなしたい!

写真データ整理のポイント

不要な写真を削除する

写真をたくさん撮ってそのまま撮りっぱなしになっていませんか?これが1番NG!
撮った写真はすぐに見返して、半目になっているものやピンボケしているものは速攻削除。綺麗に撮れている写真でも本当にお気に入りの写真だけを残すようにしましょう。
同じような写真が大量に残っていると、写真アプリを開いて写真を探そうとする時に、何度もスクロールして遡らなければなりません。できれば写真を撮ったらその場で不要な写真を消す習慣を身につけると、管理がラクになり、ストレージ容量も節約することができます。

私はブログ用の写真も、プライベート用の写真も、基本は1アングル1カットしか残しません!

必要な写真をアルバムで仕分ける

旅行や大きなイベントの時の写真などはアルバムに入れて管理しています。すべての写真をアルバムで管理するのは効率的ではないので、振り返る頻度が高い写真のみアルバムを作って入れています。

iPhoneのアルバムとフォルダの違いは?

iPhoneの場合、「アルバム」機能の他に「フォルダ」という機能も存在します。

アルバムは、名前の通り写真をまとめるためのアルバム機能です。

フォルダは、複数のアルバムをさらに束ねるための機能です。例えば、「旅行」という名前のフォルダを作成し、そのフォルダ内に「2019年1月ニューヨーク」など複数の旅行のアルバムを入れて管理することができます。
フォルダの中にフォルダを作成することもできます。

元からあるアルバムを、新規で作ったフォルダの中に入れることはできません。フォルダ管理したい場合は、フォルダ作成してからアルバムを作成するようにしましょう。

写真の検索方法を知る

写真の探し方を知っておくと、写真アプリの中をきっちり整理しなくても簡単に写真を探すことができます。

日付で探す

カレンダーアプリなどから探したいイベントの日時を把握し、日付で遡るやり方です。
iPhoneの場合、一番左の「ライブラリ」を選択すると、年別・月別・日別に写真を遡ることができます。
私の場合、ブログ用の写真が大量にありますが、自分が投稿した日付を見てその日付まで一気に遡り、目当ての写真を見つけるようにしています。

画像検索(顔)で探す

Googleフォトでは、「検索」というタブから、顔認識で特定の人の写真だけを検索することができます。

世界一の検索エンジンを持つGoogleが提供しているだけあって、AIによる顔認識力が優れています。

iPhoneの写真アプリに入っている「検索」の中の「ピープル」でも同様の機能がありますが、Googleフォトの方が精度が高いです。

画像検索(テキスト)で探す

Googleフォトの「検索」タブでは、検索窓にテキストを入力して、画像を検索することも可能です。

「誕生日」と検索すると、誕生日に撮った写真がズラーっと出てきます。

「テレビ」と検索すると、テレビが映った写真がズラーっと出てきます。

iPhoneの写真アプリに入っている「検索」の中でも同様の機能がありますが、Googleフォトの方が精度が高いです。

撮影場所で探す

写真を撮る際、カメラの「位置情報」を有効にしていると、画像内に撮影地が記録されます。
Googleフォトの「検索」タブや、iPhoneの写真アプリ「検索」タブから、撮影地を入れて、画像検索が可能です。

写真データのバックアップ

写真データは、これまでiCloud(有料)+Googleフォト(無料)でバックアップしていました。理由や使い分けは過去記事を参照してね。

ミニマリストの写真管理術/iCloudとGoogleフォトでバックアップ
旅で撮った写真はどう管理してますかー?というご質問頂いたのでご紹介します旅の写真はスマホでしか撮らないので、基本的にはクラウド管理ですWi-Fi環境に繋げばスマホカメラで撮った画像をクラウドに同期してくれるので端末を紛失しても画像データまで

しかし、Googleフォトでの容量無制限の無料アップロードは2021年5月末に終了してしまいます。2021年6月以降の新プラン(Google One)は下記の通り。

  • 100GB月額250円(年額2500円)
  • 200GBが月額380円(年額3800円)
  • 2TB月額1200円(年額1万3000円)
  • 10TB月額6500円、20TB月額1万3000円
  • 30TB月額1万9500円
これまでにバックアップした写真や動画はそのまま無料で保存されますが、2021年6月1日以降にバックアップされるデータはGoogleアカウントの保存容量を消費してしまいます。

今後の写真管理については要検討だなと思っています。アップデータがあったらまたブログに書きたいと思います!
ひとまず、写真整理に関する基本的な考え方は今回ご紹介した通りです。恐らく「不要な写真を削除する」この時点で出来ていない方が多いのでは?と思ったので、ぜひ参考にしてみてください。

紙の写真のデータ化については過去記事を参照してね。

【写真のデータ化】フォトスキャンbyGoogleフォトの使い方・日付変更方法
フォトスキャンby Googleフォトを使った写真のデータ化について。iCloudとGoogleフォトでの日付変更のやり方などもご紹介。パソコンやスマホでの一括変更のやり方もまとめています。

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメント

タイトルとURLをコピーしました