健康管理

自宅で医師に相談できるLINEヘルスケアを使った感想

この記事を書いた人
あやじま

デジタル・ミニマリスト。整理収納アドバイザー。夫婦二人で海外生活がきっかけでミニマルライフに目覚める。2020年は会社員生活も手放し、ラクして身軽に賢く暮らすコツを発信中。

あやじまのSNSをフォローする

先日の記事では大変お騒がせいたしました

【ついに発熱!】コロナ家庭内感染対策についての記録

コメントをくださった方々本当にありがとうございました

私は平熱に戻りまして、頭痛もすっかりとれました!

がしかし、あのあと夫も発熱してしまい「家庭内感染対策、意味ねー」と自分に突っ込みを入れつつも、なんとか大事には至らずに済みました

夫の熱も下がり、一歩も外に出ない生活5日目を迎えました

こんな時こそオンライン診療がもっと浸透していたら…と思い調べてみましたが

内科で初診からオンライン診療ができる病院は見つけることが出来ませんでした

(現在オンライン診療休止中という病院も含む)

あくまで対面診療の補助ツールとして機能している印象です

そんな中LINEを使って、お医者さんに「相談」することは出来たのでその情報をシェアしておきます

私が利用したのはLINEヘルスケア

LINEヘルスケアとは?

いつでも全国の医師にLINEで相談することができるオンライン医療相談サービスです

本来は有料のサービスなのですが、新型コロナウイルスをはじめとする健康不安を自宅にいながら解消するため、期限未定で無料開放しています

LINEヘルスケアの使い方

LINEヘルスケアを友だち追加し「今すぐ医師に無料相談」をタップすると、医師のリストがずらっと出てきます

アイコンをタップすると相談回数やプロフィールが見られます

医師を決めたら「いますぐ相談」をタップ

手順に従い進むと、その医師とLINEで会話ができます

今回ふたりの医師に相談しました

相談した結果

・PCR検査の緊急性はない

(無症状の方もいるので陰性と断定は出来ないが)

・かかりつけ医受診を推奨

とのことでした

※他にも細かいことを色々聞きましたがここでは割愛

感染のリスクがあるため、病院へは行かない方がいいと(テレビの影響で)勝手に思っていましたが、心配な場合はかかりつけの病院に電話を入れ、判断を仰いだ方が良いことも今回の相談で分かりました

LINEヘルスケアのメリット

・お布団の中から相談ができる

・相談だけで少し安心できる

LINEヘルスケアのデメリット

・症状を時系列で文字にする手間がかかる

・検査や診察ができるわけではないので

物足りなさは感じる

(人によっては意味ないと感じる)

・文字のみのやり取りだと冷たく感じる

(ひとりの先生はめちゃ淡白だった)

「診察」ではなくあくまで「相談」なので

あまり期待をしない方が良いでしょう

医師の当たり外れも結構ありそうです

専門の科で絞り込みも出来ないし、レビューなどがないのでそもそも医師が選びづらいしね

なにか判断に迷った時は活用してみても良いかもしれません

「ここではその回答はできません。病院へ受診をおすすめします」

と言われる場合もあると思いますが

▶︎LINEヘルスケア

ご参考になれば嬉しいどぇす( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメント

タイトルとURLをコピーしました